ラミクタールの説明と前向きな人々の画像

ラミクタールは、てんかんやうつ病に効果がある医薬品です。急な気持ちの浮き沈みや、痙攣などを抑えることができます。不安なときは無理をせずに服用するのがいいでしょう。

2016年10月の記事一覧

ラミクタールと立ちくらみと寝不足について

抗うつ作用が高いのが、ラミクタールの医薬品です。

寝不足をしますと体内の免疫力も低下をするので、立ちくらみや日中の眠さにもつながりやすくなります。人間の体内は眠っている時に、さまざまな臓器をはじめとしてトータル機能を、修復をしたり機能のレベルアップをするようにできています。

熱っぽかったり疲労感を感じて不調になった時にも、即効で病院へ行ってお薬を飲むのではなく、まずは肉体を眠ることで休ませるのが先決です。睡眠は体の機能を整えて、良いコンディションへと導きますので、疲れやイマイチ体調の悪さを感じたら、横になってひたすら眠ることです。

体調が悪い時に食用くがないならば、無理に食べないほうがいいです。それは体が求めていないので、無理して食べると胃腸に負担が掛かるだけで、余計に具合は悪くなります。むしろ体調不良の時は無理に食べないで、ひたすら眠るというのが、自然の摂理にもかなっているからです。

体調が睡眠で修繕されてきたら、自然になにか口にしたいと思うようになるので、それままで寝眠って疲れを取りましょう。それに人間の体といいますのは不思議なもので、食べ内容が本当は健康管理がうまくいきます。食べすぎの生活を送るのが、今の日本人のスタイルであり、それでは常に食べ物の毒素を入れているので、健康であるわけがないです。

人間は食べないことで健康を取り戻し、断食でほとんどの病気は良くなります。無理に食べるのではなく、もちろん食べ過ぎは万病の元です。断食で治らない病気は、何をしても治ることはありません。その逆転の発想で、断食をすることで、ほとんどの病気は治りますし、体調の回復とともに、精神面も安定をするようになります。

続きを読む