ラミクタールの説明と前向きな人々の画像

ラミクタールは、てんかんやうつ病に効果がある医薬品です。急な気持ちの浮き沈みや、痙攣などを抑えることができます。不安なときは無理をせずに服用するのがいいでしょう。

2016年08月の記事一覧

ラミクタールとプラセンタと低血糖について

日本では、生活習慣病が社会問題となっています。
生活習慣病の代表が、糖尿病です。
糖尿病が悪化すると、合併症のリスクが高まるので、注意する必要があります。
糖尿病が原因の目の病気や、腎臓の病気、末梢神経の病気は、三大合併症と呼ばれています。
糖尿病は、コントロールが悪いと抵抗力が弱くなり、様々な病気に感染しやすくなります。
男性の悩みで多い勃起不全は、糖尿病が原因で発症することもあります。
糖尿病は、インスリンの量が不足して高血糖状態になることで起こります。
ですから、血糖を下げる治療薬やインスリンを使うことが多いです。
しかし、治療薬が効きすぎて、血糖が下がりすぎると、低血糖になってしまいます。
糖尿病では、低血糖にも注意が必要です。
インスリン注射をしている人は、特に低血糖に注意が必要です。
糖尿病の改善には、様々な方法があります。
プラセンタには、成長因子が含まれています。
この中のインスリン様成長因子は、インスリン受容体の異常を改善すると考えられています。
インスリンと受容体が、しっかりと結びつくことで、血糖値が正常に戻るのです。
プラセンタに含まれている成長因子には、損傷した細胞を修復する働きがあります。
そのため、インスリンが全く分泌されないタイプの糖尿病に対しても、効果が期待されています。
ラミクタールは、てんかんの発作を予防する薬として有名です。
双極性障害にも使われます。
双極性障害は、再発率が高いので、長期の治療が必要となることが多いです。
ラミクタールは、気分の浮き沈みを抑制し、躁鬱の再発を防止します。
ラミクタールの使用量には、個人差があります。
ですから、必ず医師から指示された使用法と使用量を守ることが大切です。

続きを読む