ラミクタールの説明と前向きな人々の画像

ラミクタールは、てんかんやうつ病に効果がある医薬品です。急な気持ちの浮き沈みや、痙攣などを抑えることができます。不安なときは無理をせずに服用するのがいいでしょう。

たばこを止める時の禁煙補助剤とラミクタールの怖い話

ラミクタールは一般名をラモトリギンと呼ばれている医薬品で、てんかん発作の予防に利用されます。
てんかん発作の症状には意識障害やけいれん発作などが在り、外出時などは家族は怖い、不安と言った具合に、てんかん発作を持つ本人以外にも、家族にも不安などが生じてしまう病衣です。

てんかんは脳の神経から放出される電気信号が過剰に発射される事で生じる病気で、脳全体の興奮で起きる全般発作と脳の一部の興奮で起きる部分発作の2つに分けられており、ラミクタールは全般発作や部分発作などに対して効果をもたらせてくれます。

但し、てんかんの症状や発作が起きる頻度など、医師の診断により単独で処方されるケースも在れば、他のてんかん薬と併用して処方される場合も在ります。

所で、たばこは様々な害をもたらす事からも禁煙をする目的で禁煙補助剤を利用する人も増えていますが、てんかん発作を起こす場合などでは服用することが出来ないと言われています。

例えば、バレニクリンと呼ばれている有効成分のチャンピックスはニコチンを含まない禁煙補助剤で12週間服用し続ける事で禁煙時に生じると言う離脱症状を抑えて禁煙に導く作用が在りますが、この薬の有効成分でもあるバレニクリンはてんかん発作を誘発する可能性が在ること、アルコールを飲むことで相互作用が働き、てんかん発作を生じさせてしまうなど、怖い副作用が在ると言います。

また、この医薬品は精神や神経への影響を持つ事、気分や思考、行動などに対する副作用が在る事、アルコールを飲む人の場合、アルコールに対して弱くなるなどと言われています。

尚、てんかんなどの症状が現れた場合には直ぐに使用を中止し、専門医に相談をすることが大切です。