ラミクタールと前向きに過ごそう

ラミクタールの説明と前向きな人々の画像

ラミクタールは、てんかんやうつ病に効果がある医薬品です。急な気持ちの浮き沈みや、痙攣などを抑えることができます。不安なときは無理をせずに服用するのがいいでしょう。

ラミクタールはなぜ色々な作用があるのか

最近の女性や男性において非常に多くなってきているのが過度のストレスを抱えることによって、より多くの人が精神的につらい思いをすることにあります。学生であれば学校でいじめられていたり、仲間はずれにされている場合には、これまで以上につらい思いをすることになるのですが、それでもなおかつきっちりとした精神的なサポートが必要となってきます。この場合、いじめられていることを学校の関係者に相談してしまうとどうしても個人情報が流れてしまうので、その場合には余計にいじめられることになります。そうならないためにも第三者の医療機関を通して現在のいじめられている状況や、どのような気持ちでいるかなどをしっかりと聞いてもらうことが大切になってきます。また、仕事においても同様で毎日のプレッシャーに囲まれた状況においては非常につらい状況が続いていきますので、しっかりと対処しておく必要があります。特に最近の若い世代にとってはこのような精神的につらい状況がつづいてくると精神が不安定になったり、さらにはうつになってしまうこともあります。その場合にはすぐに精神科などで相談することが大切になってきます。ここで、精神をより安定させる効果があるもお薬として、ラミクタールがあります。ラミクタールにはこれまで様々な効果が確認されているのですが、特に精神を安定させる効果があり、お医者様や薬剤師さんのアドバイスに従いながらしっかりと飲んでいく必要があります。特に最近では、お薬を飲む前にはしっかりと使用方法を確認しておかなければ、ラミクタールを服用することで発生する副作用で困ることがありますので、きっちりと服用前にリスクを検討しながら飲んでいく必要があります。

ラミクタール服用で、注意力の低下に気をつけよう

ラミクタールは抗てんかん薬のひとつです。てんかん発作は、脳の中の電気信号を送る細胞が異常興奮を起こして起こる発作です。異常興奮を起こした状態では、興奮系のイオン(Na+、Ca2+)が過剰になっているか、抑制系のイオン(Cl−)が不足している場合を起こしています。ラミクタールは、このうち興奮系のイオンであるNa+の受容体を抑制して、脳の興奮を鎮める作用があります。ラミクタール服用中に注意したいのが、注意力の低下です。こういうときには車の運転や高所での作業など、危険なことは避けるようにしましょう。注意力が低下してしまうと、学校や職場など外での生活に支障をきたすことがあります。学業や仕事が滞ったり、ぼーっとして怒られたり、などという可能性もあります。抗てんかん薬はどの薬も、多かれ少なかれ眠気や注意力低下などの副作用が出やすいです。これが嫌で自己判断で服薬をやめてしまう人がいますが、これが原因で発作を再発させてしまうことがあります。今まで薬によって抑えられていた発作があらわれるため、大発作が起きてしまい救急車で搬送されるなどというケースも少なくありません。注意力の低下はある程度仕方ないですが、受験シーズンや重要なプロジェクトなどのときには困ったことになります。こういう場合には、かかりつけ医と相談して副作用が少ない薬に変えられないか、などを相談してみましょう。とにかく、自己判断で薬をやめてしまうのはNGです。また、てんかん発作が起こると、発作が出てから2年間は車の運転が禁止されます。2年経たないうちに再び発作が起きてしまうと、またそこから2年間運転できなくなってしまうので、薬は必ず飲むようにしましょう。

ラミクタールは自分にあった分だけ服用が鉄則

てんかん発作の予防、双極性障害の維持療法に用いる、ラミクタールという薬があります。世界的に広いシェアを持つ、イギリスに本社を置く製薬大手企業、グラクソスミスクライン社から発売されています。てんかんに対しては、脳の一部から興奮状態が始まる部分発作、脳全体で始まる全体発作のうち、主に全体発作の予防に使用されます。脳神経の興奮を抑える作用があり、てんかんの発作を予防してくれます。この薬は、いずれも容量も甘い味のついた口内崩壊錠なので、子どもでも簡単に服用することができます。そのため、子どものてんかん患者にもよく使用されます。また、てんかんだけでなく、双極性障害も適応です。双極性障害は、いわゆる躁うつ病です。躁状態になると、気持ちが大きくなり、お金を使いすぎたり、妙にパワフルになったり、言動や行動が乱暴になったりします。うつ状態になると、気持ちの落ち込み、嬉しい・楽しいといった感情が出にくくなったり、消えてしまいたいという思いが出てきたりします。これらをそれぞれ、躁エピソード、うつエピソードといい、双極性障害は、このエピソードを繰り返す心の病気です。双極性障害は、完治がないと言われていますが、このエピソードの波を穏やかな状態で維持する作用がラミクタールにはあります。てんかん、双極性障害に苦しんでいる人たちにとって、ラミクタールは非常に便利な薬ですが、命にかかわる重篤な副作用が報告されているため、慎重に飲みます。副作用は、激しい皮膚症状を伴う薬剤中毒です。まず、ごく少量から開始、ゆっくり時間をかけて量を増やしていきます。これまでに薬によるアレルギーを起こした方、肌の弱い方は特に慎重に増やしていきます。自己判断で量を増やしてしまうと、重篤な副作用が起きる確率が高まります。医師の指示通りに使用し、異常を感じたら医師にすぐ連絡してください。そうすれば、安心して服用することができます。

■ラミクタールが合わないという方はこちらの薬について調べてみましょう
テグレトールは部分発作に効果が高い